職場への復帰に向けて

  • 2017年12月7日

こんにちは、BiNIリハビリセンター諏訪の小口和弘(おぐちかずひろ)です。

最近、このコラムで「~先生」と名乗ることが定着しているようですが

私はなにがいいんでしょう、考え中です。

さて、私の担当しているクライアントさん、脳卒中(脳出血)による左の麻痺をお持ちです。

先日、というか1ヶ月以上前になりますが・・・その方が勤めている職場へ行ってきました。

遊びにではありません!

職場内での歩きなどを確認し、問題がないか、または改善方法などを確認するためです。

病院に勤めていた頃は、患者さんの退院が近づくと「家屋調査」と言ってお宅を拝見することをしていました。

福祉住環境コーディネーター2級という資格も取りました、懐かしいですねぇ。

ただ、職場を確認したのは初めてです。

これも保険に縛られないことからこそ可能な事です。

廊下・事務所内の歩き、全く問題ありません!

ご本人とそのご家族の努力した成果が出ています。

ちなみに諏訪は全国屈指の精密の町です。

「東洋のスイス」とも呼ばれているんですよ。

これは一昨日知りましたが。笑

この方も精密業に携わっていましたので、事務所だけでなく、工場の中も拝見させていただきました。

全然大丈夫だなぁと思っていましたら、「2階に食堂があるので行ってみたい」というご希望が!

というのも、脳卒中を発症されてから一度も行っていないとのことでした。

階段の上り下りは普段からやっているので問題ありませんが・・・

問題なのはこの階段、写真では伝わりにくいですが結構急です。

そして、手すりが片方にしかありません。

それでも上り下りできました!

食道へ行きたかった理由は2階からの景色です。

のどかな風景が広がっていて気持ちいい場所でした。

あとは細々したことをお聞きして終了です。

ご本人さん、少しお疲れのご様子でしたが、満足そうな笑顔が印象的でした。

その方に必要なことをできる限り支援するのがBiNIリハビリセンターです。

まずはご相談ください。