あなたは右足から歩き始める?左足から歩き始める?

  • 2018年1月12日

こんにちは。

満足先生こと、バイニーリハビリセンター横浜(フットケアーラボ)の根津です。

本日は、 「あなたは右足から歩き始める?左足から歩き始める?

について、お伝えします。

 

普段の歩き始め。

意識したことがないですよね?

 

では、質問です。

「人間のカラダは左右対称でしょうか?」

 

 

 

・・・正解は、「左右非対称」です。

肩の高さは「右下」、骨盤の傾きは「右前傾」「左後傾」

と、かなりの確率でそのような姿勢になっています。

これは、内臓の位置などによるものではないかと思います。

肝臓(一番重い)は右、心臓(絶えず動いている)はやや左、肺の左右の大きさや腎臓の高さも左右非対称だからです。

では、骨格も左右非対称となっていても不思議ではありません。

これを、私たちは「法則性」として運動指導や施術に応用しています。

 

では、話を戻します。

足の「土踏まず」の高さ

左右対称でしょうか?

いえ、多くの方は右の土踏まずの方が低くなっています。

 

私が、以前のコラムで「硬い足」「柔らかい足」を取り上げました。

右の足は「柔らかい足」

左の足は「硬い足」

の傾向があるということになります。

柔らかい足は、衝撃緩衝(しょうげきかんしょう)に適していて、硬い足は蹴り出しに適しています。

その観点からお伝えしますと、左足から振り出した方が歩き始めの推進力を邪魔しないで前に進める。

ということになります。

一度試してみてください。

身体感覚の違いはあれど、「左足から振り出した方がスムーズに歩ける」と感じる方がおられると思います。

 

ところが、その左右非対称性が崩れている方がおります。

(左肩が下がっていて、左の骨盤が前傾、左の土踏まずが下がっている…など)

そのような方は、身体構造のどこかに問題があることが多いです。

身体の不調を持たれている方や外傷(手術)などによって筋膜などの歪(ゆが)みが生じている方です。

そのような方は、パフォーマンスも低下しますし、右足から振り出しやすい傾向にもあります。

(※内臓が逆にある内臓逆位の方は左の土踏まずが下がる傾向にありますが、問題とはなりません。)

 

ご興味のある方は、「身体が求める運動とは何か」

という本がおススメです。

改善させるには、施術足底板が非常に有効です。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

 

 

”足が満たされると幸せになる”

満足先生  根津 憲継(ねづ のりつぐ)

フットケアーラボ/バイニーリハビリセンター

045-227-5338

footcarelab@superfeet-jp.com

痛みやしびれ等のお悩み、リハビリのご相談は、
 以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

< お問い合わせフォーム >

  • お名前 (必須)


  • ふりがな


  • お問い合わせの種類 (必須)


  • あなたのお立場 (必須)


  • 電話番号 (必須)


  • メールアドレス


  • ご住所


  • お問い合わせ内容 (必須)